学ぶ駐車場経営

駐車場経営について知識をつけよう

駐車場経営を始めるときの初期費用

駐車場経営を始めるときの初期費用 これから駐車場経営をしようと思うのであれば、どれぐらい初期費用がかかるのかも気になるところでしょう。
土地さえあればできるという訳ではなく、大きく分けると3種類あると思っておくと分かりやすいです。
まず一つ目が駐車場として利用するための土地の整備をするための費用、2つ目は料金や場所などを案内するための看板の設置費用、そして経営の際に必要な料金を精算するための機器や防犯カメラなどの準備をすることになります。
想定している台数が少ないと整備費用は少なくなってくるのですが、台数が多くなりそうだとそのぶん費用はかかってきます。
看板はそれほどかからないことが多いですが、機器類は良いものを使おうとするのであればそれなりにお金がかかってくるのだと思っておきましょう。
約50~150万円程度と幅広くなるので、無理のない金額であるかどうか複数で見積もりを取ったりしてつつがなく経営ができるように準備を進めていきましょう。

使っていない庭のスペースを駐車場として活用しよう

使っていない庭のスペースを駐車場として活用しよう あなたのお庭には、活用しきれていない車が停められるだけの大きなスペースが余ってしまっていませんか。
そんな方におすすめしたいのが、最近注目を集めているレンタル駐車場サービスに登録する方法です。
これは、お庭などの自宅で使っていない車が停められるような大きなスペースを、駐車場として登録することで、付近で駐車の利用したい人に貸し出して副収入を得るという方法です。
またこちらのサービスで便利なのは、使っていないスペースを貸し出す時間を限定できるところです。
日中や夜間などの普段お住まいのご家族が使わない時間帯を登録することで、効率的に場所を活用することができる画期的なサービスなのです。
初期費用も無料で登録できるサービスなので、初めてでも安心して利用することができます。
ご自宅にずっと使っていないスペースがあるのであれば、土地活用として費用や設備もかからない簡単なコインパーキング経営を始めてみてはいかがでしょうか。