学ぶ駐車場経営

駐車場で収益を得るには

駐車場で収益を得るには

駐車場で収益を得るには 駐車場には大きく月極めとコインパーキングがあり、近年では狭い土地を有効活用できるコインパーキングなどをよく見かけるようになりました。
自分で経営して利益を得る方法と中間会社を間に挟む方法がありますが、月極めは自営が多く、コインパーキングは機器の設置が前提ですから中間会社に土地を貸し、その賃料を得る方法が多い傾向です。
そのため土地を持っているなら初期投資なしで始めることが可能です。このあたりは中間業者との契約内容によって異なりますので、リスクの少ない方法で行なうようにしたい点です。
駐車場への投資は、マンションなどの建造物と比べ比較的初期費用が少なくて済み、もし利益が出なかったとしても他への転用が容易です。そのため低リスクで収益を出したい人にはおすすめの方法です。
立地条件次第では大きな収益を得ることも可能で、特に都心部は慢性的な駐車場不足がありますからニーズが高く、今からでも十分利益を出せる可能性が高いです。
地方においては少子高齢化や若者の車離れといった事情もありますが、それでも商業地の駐車場ニーズは高いですから将来性があり、長期にわたって利益を得られる高い可能性を秘めていると言えるでしょう。

駐車場オーナーになるメリットとデメリット

駐車場オーナーになるメリットとデメリット 平面駐車場の場合、そのオーナーになるのに必要な初期投資があまり多くない点は大きな魅力です。
もちろん、立体駐車場を運営する場合平面型に比べると設備投資が必要になりますが、一般的な建物に比べると少ない初期投資で継続的な収入を見込めるため、その点に魅力を感じる人は多いことでしょう。
また、借地借家法の適用対象外なので、事前に通告すれば利用者を即座に立ち退かせ転用や更地をすぐに行える点も魅力です。
ただし、建物を建てる場合と違って税制上の優遇措置をほぼ受けられない点には注意が必要です。固定資産税は更地評価となり軽減を受けられることはなく、相続税評価についてもその扱いは同様です。
さらに、平面駐車場の場合は一切減価償却費に充てることができず、立体駐車場であっても建物と比較するとその償却費は微々たるものです。
つまり、その存在は支出を伴わない必要経費扱いとなるため、所得税が課税される部分が大きくなる傾向にあります。